寂庵へようこそ

庵主 瀬戸内寂聴
庵主 瀬戸内寂聴

曼陀羅山 寂庵(まんだらさん じゃくあん) は、

 

瀬戸内寂聴が開いている寺院です。

 

  

京都・嵯峨野では「写経の会」・「法話の会」

を定期的に開催しております。

(応募用法はリンクよりご覧くださいませ)

お知らせ

9月17日法話の会の開催につきまして

関西地方に台風接近の予報が出ておりますが、今現在では9月17日の法話は予定通り開催いたします。

お越しになる場合はご自身のご判断のもとお気をつけてお越しくださいますようよろしくお願いいたします。

 

また何かございましたらこちらのHPにてお知らせいたします。

 

 

 

 

新刊紹介

自費出版 朝日新聞の連載「寂聴残された日々」で紹介いたしました、瀬戸内の句集です。

数に限りがある句集です。寂庵で販売しておりますので下記をご覧くださいませ。

「ひとり」価格2000円税別

 

 

販売方法

生きてこそ 新潮社 価格740円税別

NHK出版より「いのちよみがえるとき」がDVD付きの本として販売中です。

価格3700円税別

 

 

 

 

マガジンハウスより「わたしの好きな仏さまめぐり」販売中です。

価格 1300円税別

TV出演のお知らせ

『瀬戸内寂聴×沢尻エリカ 麗しの京都巡礼~愛に生きた女たち~』

 

35日(日) BS-TBS

19:0020:54 放送

 

京都を舞台に”自らの信念に従って強く生きぬいた女性たち”の足跡が残る寺社を沢尻エリカさんが巡ります。

寂庵では、94歳と30歳という年齢差に加え異なる業界で生きる二人の対談も実現。

ぜひご覧ください。

TV出演のお知らせ

『新春ビッグ対談 瀬戸内寂聴×池上彰~日本の現在(いま)と未来を語る~』

2017年1月5日(木) 18:00~19:55 BSフジ

 

池上彰さんとの対談です。

ほぼノーカットで様々な問題について話しております。

是非ご覧ください!

 

HPはこちら

 

 

 

 

 

BSジャパン 日経スペシャル

「私の履歴書」 庵主の出演した回がが二回にわたって放送されます。

是非ご覧ください。

HPはこちら

 

次回は2017年1/8放送になります。

 

 

若草プロジェクト設立記念シンポジウム

 

2016年10月22日に若草プロジェクト設立記念シンポジウムを開催します。

10月20日まで申し込み頂けますので是非たくさんの方々においで頂けますとうれしく存じます。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

若草プロジェクト

 

 

 

 

イベントのお知らせ

 

有馬稲子さん×瀬戸内寂聴さん

 

  1. 有馬稲子の語るエッセイ「瀬戸内寂聴と三人の女」

  2. 特別対談「瀬戸内寂聴さん×有馬稲子さん」

 

 

 

伝記小説の名手・瀬戸内寂聴さんがかつて作品にした三人の女性――田村俊子、岡本かの子、伊藤野枝、そして瀬戸内さんご自身の恋と文筆に生きた波乱万丈の人生を、女優の有馬稲子さんが語ります。そして瀬戸内さんと有馬さんの特別対談が実現しました。ぜひお見逃しなきよう。

 

 

 

日時=2016年10月15日(土)開場13:00/開演14:00

 

場所=京都府立府民ホール アルティ

 

   〒602-0912 京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1

 

入場料=7800円(税込)全席指定席/車椅子席アリ

 

 

 

お申し込みは下記からお願いいたします

 

■文藝春秋ホームページ「文春トークライブ」申し込みフォーム

 

 http://www.bunshun.co.jp/info/talklive/index02.html

 

 

 

■FAXで/03-3239-5481「文春トークライブ・京都」係

 

■郵便で/〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23(株)文藝春秋「文春トークライブ・京都」係

 

申し込み締め切り=2016年9月23日(金)

 

■毎週抽選を行い、当選者に入場料のお支払い方法をお知らせし、お支払いを確認した後、チケットを郵送いたします。原則的にお支払いいただいた順に前方のお席を割り振ります。

 

■車椅子のお席もご用意いたします。ご希望の方はお申し込み時にその旨お書きください。

 

■文藝春秋HPからお申し込みの場合は、申し込みフォームに必要事項をご入力の上、送信してください。

 

■FAX、郵便でお申し込みの場合は住所、氏名とメールアドレスかFAX番号をご記入ください。どちらもない場合はお電話番号(携帯も可)をご記入ください。

 

■おひとり最大4名様まで同時にお申し込みいただけます。

 

■イベント当日、開場時から若干数の当日券=8000円(税込)を販売する予定です。

 

 

 

チケット発券以外の問い合わせ先=bunshunlive@bunshun.co.jp

 

新刊紹介

 

 

 

 

老いも病も受け入れよう         

                         新潮社刊 定価1000円(税別)

 

 

 

 

瀬戸内寂聴さんが88歳以降にご自身の身体にあらわれた不調をどのように考え、受け止めたのか、そのすべてを綴ったはじめての闘病記が刊行されました。

 

 

「神も仏もない」と口にされるほどの痛みについて。

ウツになりかけたという闘病生活。寝込んでいる間に何をして乗り切ったのか。

今回の入院で何キロ痩せたのか。手術は怖くなかったのか。全身麻酔はどうだったか。退院後のリハビリはどんなトレーニングか。老化現象はどう現れているか。ボケることについてはどう思っているか。どんな食事をとっているか、お風呂はいつ入るか、

など現在の日常生活なども明かしています。

 

寂聴さんが病になってはじめてわかった元気と長寿の秘訣とは?

 94歳でなお現役作家として僧侶として一線を続ける寂聴さんの力の源を探り、老いも病も前向きに乗り切る力が沸いてくる本です。

可愛い寂聴さんの似顔絵イラストも入っています。一家に一冊ぜひどうぞ。(編集者)

若草プロジェクト開始

少女・若い女性に寄り添う全国ネットワーク『若草プロジェクト』

今を苦しむ少女・若い女性が前に向かって生きていくために。

 

瀬戸内が代表呼びかけ人の一人を務めます「若草プロジェクト」始動開始いたしました。

どうか皆様にご協力頂ければと思います。

 

事務局は寂庵ではございません。寂庵は研修場所としての提供となります。

 

詳しくは若草プロジェクトのHPをご覧くださいませ。

賛助会員も募集しております。

 

若草プロジェクト

http://wakakusa.jp.net/

 

 

 

 

新刊紹介 「求愛」

 

『求愛』

 

集英社文芸単行本 201652日発売

 

本体1300円+税

 

 

 

大病からよみがえった寂聴先生が、数え年九十五歳にして、

なお艶やかに瑞々しく描き出す愛の物語、三十篇。

幼い少女から九十代の老女まで、あらゆる世代の男女の機微を

熟練の筆で切り取った、初の掌(てのひら)小説集です。

 

 

父親は行方不明、男を作った母親に家から追い出された少年が、

伯母の家で一緒に育った従妹と夫婦になり、やがて彼女の素顔を知る

「許婚者(いいなずけ)」。

二十年前に死んだ昔の男の名前の入った手紙を受け取る、

女性エッセイストの姿を描いた「恋文の値段」。

女とベッドに入りながら、九十一歳の女友達と深夜の電話を交わす男に、

衝撃の出来事が訪れる「どりーむ・きゃっちゃー」(胆のうがんからの復帰第一作です)……など、短い中に深い味わいと驚きのつまった、

極上の三十篇です。ぜひお楽しみください。

 

美輪明宏さん瀬戸内寂聴、対談本

去年長崎で開催されました公開対談がマガジンハウスより本になりました。

 

 

『これからを生きるあなたに伝えたいこと』

 

瀬戸内寂聴 美輪明宏

 

1400円(税別)

 

マガジンハウス

 

 

 

不思議な力、戦争、宗教、老い、結婚――。

 

長く激動の日本を見つめてきたふたりが語る

 

厳しい時代を強く生きぬく人生論。

 

 

 

1960年代より半世紀以上の親交がある作家・僧侶の瀬戸内寂聴と歌手・俳優の美輪明宏が、ふたりの出会いから、三島由紀夫、横尾忠則などとの交流、才能や不思議な力、戦争、仏教、人生、女性の生き方、結婚など、これからを生きる日本人へ伝えたいことを縦横無尽に語り合った一冊。

共に戦争へと突入していく日本の姿を見てきたふたりが、今の日本に何を思うのか。戦後70年という節目を迎え、日本が再び戦争という過ちを繰り返さないためにはどのような道を歩んでいったらよいのか。

 

先行き不安なこの時代、強く賢く生きるにはどのような心構えでいるべきか。また、家族や老いにはどう向き合えばよいのか。

 

――ここでしか味わえない含蓄のあるメッセージが心に深く響くとっておきの対話集。

 

4月8日の花まつり開催

1年の闘病生活を経て復帰行事として去年花まつりを開催してから一年がたちました。

皆様の温かいお支えのもと、今年も花まつりを開催させていただくことになりました。

 

4月8日(金) 

10:00   開門 

10:30 庵主のミニ法話

11:00 語りと音楽「釈迦」開演 (瀬戸内寂聴「釈迦」より)

   (出演)林 恒弘 (語り)太田 豊 (笛、おりん、その他)松本こうすけ(タブラ)

     

 

*事前申し込みはございませんのでご自由にお越しくださいませ。

 専用駐車場はございません。

 

 

TV出演お知らせ

ザ・プレミアム「いのちよみがえるとき 完全密着 瀬戸内寂聴」

 

NHKBSプレミアム 1月1日(金)午後7時30分~午後9時00分

 

今回は90分に延長されての放送です。是非ご覧ください。

 

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3303/2420427/index.html

 

 

 

 

 

「 対談 瀬戸内寂聴×美輪明宏 ~戦後70年・夏 長崎にて~ 」

「 全国放送 」版 (59分)再々放送決定!

 

12月31日(木) 午前8時30分 ~ 9時29分  NHK BSプレミアム

 

 

 

「900年の秘めごと~国宝・源氏物語絵巻」再々放送決定!

 

12/31(木)午前9:30~10:29 NHK BSプレミアム

 

 

宮崎美子のすずらん本屋堂 BS11 12/11(金)、2016年1/8(金)22:00~22:54 

新刊「わかれ」を紹介してくださいます。寂庵での法話の様子も二度にわたって放送予定。

 

 



11/26(木)20:00~21:00 NHKBSプレミアム「900年の秘めごと~国宝・源氏物語絵巻」

再放送 12/1(火)17:00~

名古屋の徳川美術館にて収録したものです。

是非ご覧くださいませ。

 

 

NHKスペシャル NHK総合 11/22(日)21:00~21:49 放送

いのち 瀬戸内寂聴密着500日

 

関西圏は11/23(月)22:00~22:49放送になります。

 

再放送11/25(水)0:10~*24日の深夜0:10~

   12/3(火)01:30~*4日の深夜1:30~


 

新刊「わかれ」発売決定!

新潮社より10年の間に執筆した短編集が発売されることになりました。

 

「わかれ」新潮社 ¥1400(税別) 10/30日発売

 

 

「 対談 瀬戸内寂聴×美輪明宏 ~戦後70年・夏 長崎にて~ 」再放送決定


 

たくさんのリクエストにより再放送に関しまして、

下記 決定しましたので、ご報告させていただきます。

 

 

「 全国放送 」版 (59分)

9月23日(水・祝)午後0時(正午) ~ 0時59分 (59分) NHK BSプレミアム

( 初回放送:8月16日(日)午後4時 ~ 4時59分 )

 

 

「 九州沖縄地区放送 」版 (43分)

9月26日(土)午前10時35分 ~ 11時18分 (43分) NHK 総合テレビ(九州・沖縄地区)

( 初回放送:8月9日(日) 午後1時05分 ~ 1時48分(長崎県内))

  • 九州・沖縄地区にて 放送


9月の法話の会 申し込み抽選返信ハガキの記載誤りにつきまして

9月二十日の法話の申し込み返信はがきの内容に誤りがございましたことお詫び申し上げます。

法話の会の参加費 ¥500(誤)→¥1000(正)でございます。

大変ご迷惑おかけ致しますが何卒宜しくお願い致します。

TV出演情報

8/14日(金) TBS 夜7:56~放送 『ぴったんこ★カンカン』

林真理子さんが寂庵に遊びにきてくださいました。その様子が放送されます。



8/15日(土)TBS 夜7:00~放送 『戦後70年 千の証言スペシャル 私の街も戦場だったⅡ

                  今伝えたい 家族の物語 』

                      URLhttp://www.tbs.co.jp/sengo70/index-j.html



長崎美術館で開催中の瀬戸内寂聴展につきまして

7月25日に長崎美術館で行われた瀬戸内寂聴展開場式に参加致しました。大きな美術館で展覧会をして頂くのは初めてのことです。療養後初めての遠出となりましたが、開場式後の美輪明宏さんとのトークショーも含め、たくさんの方々ご来場頂きました。

展覧会は8月31日まで開催されます。

是非、開催中にご覧くださいませ。

                             (写真提供 長崎新聞社)

瀬戸内寂聴と名のるメールが送られている被害が多発しております!!

ご注意ください!

 

以前より掲載しておりますが、庵主 瀬戸内寂聴 を騙るメールが一方的に送られてくるようです。

 

 

庵主からメールをお送りすることは一切ございません。また、第三者を通じてお願い事をすることもございません。不審に思われる内容のメールが届きましたら、最寄りの警察・消費者センター等へご相談ください。

TV出演のお知らせ

BS TBS毎週水曜日放送 高島礼子・日本の古都~その絶景に歴史あり

7/8日放送 夜9時 出演致します。ご覧くださいませ!

 

 

 

 

療養後初めてとなる展覧会・トークショー決定

 

 

■「瀬戸内寂聴展 これからを生きるあなたへ」

725日~831

長崎県美術館

◎開場式で庵主がご挨拶する予定です

 

 

■瀬戸内寂聴展開催記念事業 

瀬戸内寂聴×美輪明宏トークショー「戦後70年、これからを生きるあなたへ」

2015725日㈯14:00

長崎ブリックホール (チケット完売致しました。)

 

※いずれも不測の事態により、やむを得ず出演を中止する場合がございます

※詳しくは「長崎新聞社」のホームページで

 

 

 

 

 


寂庵だよりにつきまして

大変遅れております寂庵だよりですが、とりいそぎ3,4,5月の合併号として発行致します。

1,2月号はおってすぐ発行致します。順番が逆になり申し訳ございません。

発送の準備をしておりますので、もうしばらくお待ち頂けますと幸いでございます。

長い間お待たせし、ご迷惑をおかけ致しましたこと、心よりお詫び申し上げます。


                                     寂庵だより編集部

TV出演のお知らせ

療養後初めてとなるTVテレビ出演が決まりました。

闘病中のことなど、様々な庵主の想いをご覧いただけます。

是非皆様ご覧ください。


2015年5月14日 NHK総合 クローズアップ現代 19:30放送

http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3651







寂庵だよりの発行遅れについてのお詫び

寂庵だよりのご購読者の皆様へ


いつも寂庵だよりをご購読頂きましてありがとうございます。

先日の花祭りではまだ体調は万全ではない中、療養後初となる法話を行うことが出来ました。

皆様の励ましとお見舞いのおかげでございます。

ありがとうございます。


寂庵だよりが今年の1月号から庵主の体調により遅れております。

読者の方々にはご心配とご迷惑をおかけしております。

なるべく早いうちに皆様にお届けできますように致しますが、まだ目途がたっておりません。

しかし、今後とも寂庵だよりは継続していく予定でございます。

今後の目途がたつまで、寂庵だよりの新規・継続のお振込みはこちらからお知らせするまで

ご遠慮頂きたく存じます。


寂庵だよりの発送をお待ち頂いている皆様には多大なご迷惑をおかけしておりますが、

しばしお待ちして頂けますととてもありがたく存じます。



何卒今後とも寂庵だよりを宜しくお願い致します。


                                 

                              寂庵だより編集部


四月八日 お釈迦様の生誕の日 花祭り開催のお知らせ 2015/03/14

四月八日 花祭り 10時より開門致します。


11時より療養後初の庵主のミニ法話もございます。(庵主の体調により中止の可能性もございます)

事前予約などはございません。どなたでもおこしくださいませ。


(お客様本位ですのでメディアの方はご遠慮ください)



月例行事の法話の会は5月からの開催の予定でございます。

参加ご希望のはがきは5月よりご応募お待ちしております。



新年の御挨拶・庵主の近況・・・2015/01/17

明けましておめでとうございます。

 ご多忙のうち、ご清祥の御事とお察し申し上げます。私事、昨年は半年も寝込み、とんでもない凶年を過ごしました。

退院後、丸三か月のリハビリ生活は全く苦痛で、生きているのが嫌になりました。けれども、皆様のお優しい励ましと、もったいないお祈りのお蔭で、私の命は助けられたと思います。何の御礼も申し上げられない状態で誠に失礼を重ねております。お蔭様で只今では何にもすがらず自分の足で歩けるようになりました。ただし、波があり辛い日もあります。まだペンを持つ力がありません。春になればもっと意欲も出てくると思いますし、少しは仕事もできるかと思います。

 この正月で数え九十四歳になりましたので、身体の老いるのも当然かと思います。今後は歳相応に、体力と相談しながら生きていきたいと思います。何卒そのような私をもお見捨てなく、これまで同様のお励ましをお願い申し上げます。

 今年も益々のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。近況報告を兼ねて、新年のご挨拶をさせて頂きます。

 

                                   瀬戸内寂聴

 

 

 

 

 

<<<注意喚起>>>・・・2014/10/06

ご注意ください!

 

以前より掲載しておりますが、庵主 瀬戸内寂聴 を騙るメールが一方的に送られてくるようです。

 

 

庵主からメールをお送りすることは一切ございません。また、第三者を通じてお願い事をすることもございません。不審に思われる内容のメールが届きましたら、最寄りの警察・消費者センター等へご相談ください。

 

 

年内の行事について・・・2014/09/29

寂庵の年内行事は、すべて休ませていただきます。

 

 

長い病中、いろいろ御心配頂き有難うございました。お陰様で25日に無事退院致しました。

しかし長い病院生活で足腰がすっかり弱り、座ることも歩くことも出来なくなりました。家でのリハビリ生活のほうがこれから大変だと思います。今年中は仕事ができる状態にはならないと思いますので、勝手ながらお休みします。

 

                                 寂聴

 

なお、新春以降の行事再開についても現在のところ未定です。庵主の状態を鑑みて、後日ここでの掲載にてご案内させていただきます。

 

 

 

庵主の近況と今後の「法話の会」の中止について・・・2014/09/01

この度、庵主 瀬戸内寂聴は再度入院いたしました。病状の悪化があった訳ではなく、当初から続いている痛みの緩和に向けた再入院です。今のところ退院の時期も定かではございません。庵主より皆様への言葉をここに掲載させていただきます。



一度退院しましたが、また入院しております。

退院の目処もついていません。これ以上皆様にご迷惑をおかけすることはできませんので、今後の行事・仕事はお休みすることにさせて戴きます。「法話の会」へはたくさんのご応募を頂戴しているなか、本当に申し訳ありません。

寂聴


このような状況ですので、9月度の「法話の会」は中止とさせていただきます。今後の行事、仕事の再開の予定についても現在ではまったく見えておりません。

沢山の応援を戴いているなか、誠に恐縮ではございますがご了承いただきたくご報告させて頂きます。




ナルト・サンガの閉庵についてのご挨拶・・・2014/07/21

この度、ナルト・サンガを閉庵することになりました。

ここに、庵主より皆様への言葉を掲載させていただきます。

 

 

五月末より圧迫骨折 で一ヶ月入院、退院後も引き続き療養中です。

満92歳はさすがに老体の負担を痛切に感じます。主治医からは4年前の同病の時から行事を減らせ、とドクターストップがかかっていました。気力でその後も行事を続けてきましたが、いよいよ覚悟を決める時が来ました。鳴門へ通うことは体力的に不可能となりました。

京都の寂庵はこれまで通り、写経・法話の会は続けます。鳴門へも熱心な方々が通って下さったことには感謝申し上げます。

先々は御挨拶までに。

                                 寂聴

 

 

ナルト・サンガをご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。

ナルト・サンガでの定例行事はもう行われませんが、京都 サガノ・サンガでの行事については庵主の体調を見ながら再開する予定です。(8月お盆明け頃を目途に、ここHP上でご案内させていただきます)

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

寂庵 スタッフ一同

 

ご注意ください!

 最近、瀬戸内寂聴を名乗るメールが届くという方から連絡を頂戴します。

庵主から個人的にメールをお送りすることは一切ございません。

 

瀬戸内寂聴を名乗るメールにお気をつけ下さい

 

 

お問い合わせ

曼陀羅山 寂庵 〒616-8434 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本仏餉田町7-1TEL: 075-861-6770定例行事の日以外は閉門

専用駐車場はございません

 

仕事の御依頼はこちらにお願い致します。

8、12月は執筆活動に専念するため、インタビュー、TV出演、講演などのお仕事はお断りしております。)

 

講演につきまして今は体調に波がございますため、お約束が出来かねますので講演のごお仕事を現在は控えさせていただいております。ご了承くださいませ。

 

FAX 075-872-0888

担当 瀬尾

 

ご注意ください!!!

以前より掲載しておりますが、庵主 瀬戸内寂聴 を騙るメールが一方的に送られてくるようです。

 庵主からメールをお送りすることは一切ございません。また、第三者を通じてお願い事をすることもございません。不審に思われる内容のメールが届きましたら、最寄りの警察・消費者センター等へご相談ください。

句集 ひとり

価格2000円(税別)

生きてこそ

新潮社 740円(税別)

わたしの好きな仏さまめぐり

マガジンハウス 1300円(税別)

いのちよみがえるとき

NHK出版 3700円(税別)

「老いも病も受け入れよう」

新潮社 1000円(税別)

「求愛」 集英社 1300円(税別

 

『これからを生きるあなたに伝えたいこと』

 瀬戸内寂聴 美輪明宏

 1400円(税別)

 マガジンハウス

『わかれ』絶賛発売中!

新潮社 税別¥1400 重版決定

『死に支度』大反響!続々重版9刷決定!!講談社 1512円(税込)
『死に支度』大反響!続々重版9刷決定!!講談社 1512円(税込)
中央公論社 850円(税込)
中央公論社 850円(税込)